決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

はずれくじ(なんで俺のときに・・)

time 2017/10/25



東芝、神戸製鋼、日産 各社のHP(トップページより)

昨日は東芝で臨時株主総会が開かれました。

最近いわゆる日本を代表する大きな会社で、不祥事が相次いでいます。
そして、これらの事象は、繰り返されています。
神戸製鋼では40年近く、続いていたといいますし。
その理由を考えてみましょう。

(なんで俺んときにバレちゃったんだよ・・・)

不祥事の起きた会社の経営者の心の中は、こんな感じではないでしょうか。

大企業の社長は、一般的に数年で交代します。
当然のことながら、前社長、歴代社長と比べられます。

今まで、特に前社長と比べて業績・収益アップをすると評価されます。
役員報酬、ボーナス、退職金、そして名誉。

売上アップ、収益アップが至上命令になります。
そして、売上を上げろ、原価を下げろ、経費を削れ!となります。

手っ取り早く給料を削り、納期は絶対。
その結果、クオリティ(品質)はおろそかになり・・

そう、業績アップ、収益アップが評価の対象。
クオリティアップは評価対象にはなりにくいのです。

不自然な力学で力がかかれば、必ず歪みます。
そしてその歪みに耐えられなくなると・・・

一度落とした信用はなかなか回復するのは大変です。

(俺のときにはバレないでくれよ・・・)

倫理>利益 

経営者の意識、矜持が求められますね。

■ こちらもどうぞ

管理会計、って何だ?

★ 社長のための簿記・会計

IT(いかに、手間かけないか)

決算書なんて経営の役に立たない