決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

会社は年に1回決算をして、決算書をつくります。
「なぜ決算書つくるの?」って思ったことありますか?

決算といっても、会社の規模やその目的によって、いろいろ決まりがあります。
20160620

この表を見て分かることはなんでしょう?

・決算書を作るのは経営者
・決算書の提出先、つまり利用する人は経営者「以外」
・決算書を作る目的は・・?
少なくとも経営に使うためではありません。

ところが、amazonの本のカテゴリーで「決算書」と検索してみると、

「決算書の見方がわかる・・」
「簡単に決算書がわかる・・」
「社長のための決算書の・・」
・・・

4000件を超える書籍がヒットします。

決算書はそれぞれの目的に合致するように、その作り方が法律で決められています。
ですが、経営(者)のために作られているわけではありません。

その決算書の見方が分かったところで、どうなんでしょう?
ましてや、その決算書を社長に解説したり、分析したところで、どうなんでしょう?

社長は過去の数字には興味がありません。

「月末の給料、払えるかな?」
「今期の利益、1億円、いけるかな?」
「来期の出店計画、行けるかな?」

社長が見ているのは前です。先です。
過去をいくら分析し、反省したところで、しかたないんです。

それでも「決算書の読み方」や「経営分析」の本が多いのは・・・

★ 社長のための簿記・会計

IT(いかに、手間かけないか)

決算書なんて経営の役に立たない