決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

差

c32fce

2枚の写真があります。
見比べると、10円玉が右に動いたようです。
どうしてそう思えるのでしょうか?

人間は無意識のうちに、見るもの、聞くもの、感じるもの・・
それらの「差」を取っています。

この写真も、他は動いていないけど10円玉だけ2cmぐらいでしょうか、右にずれています。
場所が変わっているように見えます。
だから「10円玉が右に動いた」と思います。

結果だけ見ると、人間は「差」だけにとらわれます。
絶対的ではなく、相対的な「差」です。
そして「10円玉が右にまっすぐ2cmぐらい動いた」と思い込みます。

ホントでしょうか?

実際は10円玉が上下にジグザグに動いたかもしれません。
ひょっとしたら緑色の紙と100円玉が、左に動いたのかもしれません。

でも、それはこの2枚の写真の間にある(絶対的な)事実を見なければ、わかりません。

「先月より営業キャッシュフローが、100増えました」
間接法で計算されても、それが何を意味するのかはよくわかりません。

「前期より買掛金が100減りました」
前期末BSと当期末BSを比較しただけでは、それがいいのか悪いのかは、よくわかりません。

現在の決算書は、この2枚の写真と同じです。
途中がよく見えないのです。

なぜかって?

株主は「結果、配当はもらえるの、どうなの?」
債権者は「結果、貸した金は返ってくるの?」
税務署は「結果、税金は取れるの?」

結果にしか興味がないからです。
だから結果がわかる表であればいいんです。

差を取ることはとても大切なことです。

ただ、その差がなぜ生じたのか、経営者はそこがとても重要です。
経営は途中も大事なんです。

買掛金が100減ったのは、仕入先に掛取引に応じてもらえなくなったのかもしれません。

もしそうだとしたら・・

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。