決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

評価とは

time 2017/05/09

評価とは

広辞苑で「評価」とひくと、

品物の価格を定めること。また評定した価格。

となっています。

「評価」の意味をとるためには、新たに2つの言葉の意味が必要になります。

「評定」
①評議して定めること。
②一定の尺度に従って価値・品等を定めること。

「価格」
物のねうちを金額で表したもの。


会計で言うところの「評価」は
「品物のねうちを、一定の尺度に従って価値を定め、金額で表すこと」
と言えそうです。

商品はこのように評価しなさい、という一定の決まりに基づいて、金額が決まります。
誰がやっても同じようにならなければ、基準や法律とはいえません。
数学でいうところの「公式」のようなものです。

少なくとも「評議して定める」ことではないはずです。
評議すればそこに力関係やら恣意性やらが入りやすくなりますし、ひいては不適切な処理に結びついてしまいますからね。


こちらもいかがですか?

会計公準(貨幣評価の公準)

★ 社長のための簿記・会計

おいしいもの倶楽部

会計・経理のお話

決算書なんて経営の役に立たない

■ 登録商標について

・「MQ会計」「MQ戦略ゲーム」「企業方程式」は、これを考案開発された西順一郎先生の会社、 株式会社 西研究所 の登録商標です。
      
・P、V、M、Q、PQ、VQ、MQ、F、G は西順一郎先生の著作物です。