決算書会計から戦略的会計へ ★ 谷口税理士事務所

決算書は結果、戦略MQ会計・マトリックス会計で戦略的な経営を

■ 決算書ぐらい読めないと?

7adc6c53「決算書の読み方」「決算書の見方」「これなら簡単・・・」

本屋に行くと「決算書」についての本は数多くあります。

やっぱり決算書は読めた方がいいのでしょうか?

読めないよりは読めた方がいいとは思います。
でも、決算書が読めても経営には何の役にも立ちません。

ところで、決算書って何でしょう?

決算書は、過去の数字の集計表です。

■ 損益計算書には、

 いくら売り上げたか?
 いくら経費がかかったか?

■ 貸借対照表には、

 現金がいくらあったか?
 借入がいくらあったか?

 が書いてあるだけです。

■ 「なんでこんなに交際費が多いんだ?」

疑問があれば細かく記録を見ればいいです。
元帳に書いてあります。
仕訳を見ればわかります。

決算書を見てすることは、
過去の数字の確認、事実・現実の確認です。

以上終わり、なんです。

死んだ人は生き返らない

決算書は俗に「死亡診断書」といわれます。

故人は○○病でお亡くなりになりました。
日頃の不摂生が原因だったようです。
○○値が高すぎますし、○○の数値は低すぎました・・

死亡原因を分析しても、死んだ人は生き返りません。

決算書も同じです。

「前期は赤字でした」
流動比率は101%です。150%以上あれば・・・
労働分配率が75%ですね、これでは・・
原価率が高いようです。もう少し下げましょう・・・


過去の数字をいくら分析しても、赤字は赤字です。
黒字にはならないのです。

ところで、決算書ってなんで作るの?

こちらの記事もいかがですか?

◆ バランスシート、その意味を知らない人は意外に多い

◆ どう計算しているか?

◆ 経営分析ってかっこいい

おいしいもの倶楽部

決算書なんて経営の役に立たない

考え方・ヒント